まとめてしまったちゃんねる トップページへ

最新記事
最新記事 2




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

吉田調書報道、なぜ朝日は誤ったのか…事実を率直に受け止めず都合の悪い情報は排除するという思い込み

1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 05:31:56.18 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
朝日新聞は11日夜の会見で、「吉田調書」をめぐる報道について、
関係者への十分な裏付け取材を怠ったことや、“スクープ”の漏洩を
意識して担当者を限定し、チェックが甘かったことを原因として挙げた。 

しかし、最大の問題は、事実を率直に受け止めず、
都合の悪い情報は排除するという「思い込み」にある。

朝日によると、5月20日付の「命令違反」の記事は、吉田調書を
もとにしたが、「当時の所員への直接取材を徹底しなかった」とした上で、
「所員に指示がうまく伝わらないまま、第2原発への退避が
行われたということが把握できなかった」と説明する。

吉田調書以外に、朝日が「命令違反」の根拠にしたのは
「柏崎メモ」といわれるノートだ。




http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140912/crm14091205100001-n1.htm





スポンサーサイト
[ 2014/09/12 07:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

【STAP問題】 STAP騒動で渦中の理研・笹井副センター長が死亡…自殺

1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革~ φ ★@\(^o^)/ 2014/08/05(火) 10:33:01.83 ID:???0.net
 笹井副センター長が死亡=医療センター内、自殺か―兵庫

・理化学研究所によると、理研発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹
副センター長が神戸市の先端医療センター内で死亡しているのが5日、見つかった。

自殺とみられる。
  
 
※笹井 芳樹は日本の医学者、研究者。京都大学博士(医学)。 

 神経系の初期発生の遺伝子・細胞レベルの研究者として知られる。 

 世界で初めてES細胞による網膜の分化誘導に成功し、立体的な網膜を
 生成することにも成功した。 

 京都大学助教授、教授、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター
 (Center for Developmental Biology)グループディレクター、同 副センター長を歴任。

受賞実績多数。2014年に発表・撤回されたSTAP論文では、様々な責任が追究されている。








[ 2014/08/05 12:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

エボラ感染で深刻な容体の米国人2人が数日中に米国に移送、移送先のアトランタだけでなく全米で懸念高まる

1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/08/02(土) 17:46:35.57 ID:???O.net

西アフリカのリベリアでエボラ出血熱に感染した米国人2人が数日中に米国に移送され、ジョージア州アトランタの大学病院で治療を受ける。米国でエボラ熱感染者の治療が行われるのは初めて。 

 2人はエボラ熱の治療センターで活動していた。

 米国での治療は厳しい安全手順に従って行われるが、致死性ウイルスの感染者の入国にはリスクが伴うとして、アトランタだけでなく全米で懸念が高まっている。

 国務省の報道官は「患者を安全かつ確実に移送し、民間機以外の航空機を使って移送中も救急治療を行い、到着後も患者の厳格な隔離を維持するためにあらゆる対策をとっている」と述べた。

国務省は米疾病対策センター(CDC)と共に患者の移送を支援する。

 2人はアトランタのエモリー大学の付属病院で治療を受ける見通し。感染症専門医で同病院の特別隔離棟の責任者、ブルース・リブナー医師によると、患者は救急輸送機で米国に移送される。 

2人が活動していた治療センターは2つの米慈善団体が共同で運営しており、その1つ
「サマリタンズ・パース」が移送の費用を負担する。 

リブナー医師によると、1人目の患者は今後2、3日の間に米国に到着し、2人目の移送はその数日後になる見通し。

 国防総省によると、2人はアトランタ郊外のビンズ空軍予備役基地に到着する。エボラ熱に感染したのはケント・ブラントリー医師とナンシー・ライトボル氏。ブラントリー医師は
サマリタンズ・パース所属で、エボラ熱感染者の治療を担当していた。ライトボル氏は
SIM USAに派遣され、同じ治療センターで職員の消毒を手伝っていた。それぞれの所属団体は1日、2人の容体が深刻であることを明らかにした。

 リブナー医師は2人とも医師の診察で「移送しても問題ない」と判断されたという。
 
リブナー医師はエモリー大学病院が「十分に高度な治療と支援」を提供すると述べ、同病院に移送されれば2人とも回復する見込みは十分にあるとの「慎重ながら楽観的」な見通しを示した。

また、移送は安全に行われると述べた。



http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304180804580066693144172772






[ 2014/08/02 23:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

米「中国は国際法を守る気があるのか?」

1: ファイヤーバードスプラッシュ(大阪府)@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 21:32:44.95 et BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典

「国際法、守る気あるのか」 中国の一方的領有権主張を米国務次官補が批判

ラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は28日、米サンフランシスコでの講演で、南シナ海での中国の領有権主張をめぐり、「一方的な行動パターンは、
国際法を守る気があるのかという深刻な懸念を招いている」と批判した。

ラッセル氏は、南シナ海での緊張は東南アジア諸国連合(ASEAN)が
直面している最も深刻な問題だと指摘。ケリー国務長官も出席してミャンマーで
来月開かれるASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議の中心的議題だとし「率直に議論する」と述べた。

さらに、中国による南シナ海での埋め立て作業などを念頭に「私が心配しているのは、
(領有権主張のための)中国のプロジェクトがほかの国に比べて、はるかにペースが速いということだ」と説明。
「この重要かつ資源の豊かな海域を極端に軍事化すべきではない」と語った。









[ 2014/07/30 00:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

【マレーシア機撃墜】オランダ首相、親ロ派が犠牲者の所持品をあさっていると伝えられていることに 「むしずが走る」

1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 10:15:55.56 ID:???O.net
ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜で犠牲者が最も多かったオランダのルッテ首相は19日、同国のハーグで記者会見し、親ロシア派支配地域の現場で遺体の回収が遅れていることを受け「(ロシアの)プーチン大統領は手助けの意思があることを示す時だ」と強調、直ちに親ロ派へ影響力を行使するよう要求した。

 ルッテ氏は、会見に先立ちプーチン氏と電話で「激しいやりとり」をしたと説明。親ロ派が犠牲者の所持品をあさっていると伝えられていることに「むしずが走る」とも述べ、強い怒りをあらわにした。

 同機の撃墜後、これまでルッテ氏は極めて抑制的な態度を示してきた。ロシアとの貿易の多いオランダは、ウクライナ情勢をめぐる対ロ経済制裁に消極的だったが、国民感情も踏まえ、態度を転換する可能性がある



http://sankei.jp.msn.com/world/news/140720/erp14072007590002-n1.htm





[ 2014/07/20 13:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
おすすめ記事

おすすめ記事 2
PR
他サイトおススメ記事
おーぷん2ちゃんねる
他サイト注目記事
他サイト注目記事 2
スポンサードリンク
他サイトおススメ記事 2
アクセスランキング
スポンサードリンク
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。