まとめてしまったちゃんねる トップページへ

最新記事
最新記事 2




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【朝日新聞】 朝日、社説や天声人語でも謝罪…吉田調書など

1: エピ ★@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 11:53:38.44 ID:???0.net
東京電力福島第一原発事故を巡り、所長の命令に反して所員の9割が原発から
撤退していたとする記事を朝日新聞が取り消すなどした問題で、
朝日は13日朝刊の社説や1面コラムで、改めてこの問題について触れ、
それぞれ謝罪した。

1面では抗議書を送っていた新聞社や雑誌などに謝罪したことも明らかにした。

また、「誤報」により誤った印象が海外に広まったことへの対応として、
木村伊量(ただかず)社長名のおわびを、英語版に加え、韓国語、中国語にも
翻訳し、外国語サイトに掲載した。

社説では、原発事故の「吉田調書」に関する記事を過去の社説で取り上げたことを
記し、
「社説を担う論説委員室として、読者や関係者の方々にかさねて深くおわびします」と
謝罪。 

いわゆる従軍慰安婦報道についても
「1997年に一度検証をしながら、吉田清治氏の証言を虚偽だと断定し取り消せ
なかったのは、反証となる事実や異論への謙虚さが欠けていたからではないか」
と記した。

1面コラム「天声人語」でも謝罪。慰安婦報道について
「池上彰さんのコラム掲載を見合わせたのは最悪だった」





スポンサーサイト

朝日新聞が「吉田調書」報道めぐり誤り認め、訂正へ

1: エピ ★@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 18:10:45.94 ID:???0.net
福島第一原発の吉田所長が政府の事故調査委員会に答えたいわゆる「吉田調書」
について、朝日新聞が報道に誤りがあったことを認め、訂正する方針であることが分かりました。

朝日新聞は今年5月、「所長命令に違反 原発撤退」という見出しで吉田調書を
入手したとする記事を掲載。 

事故発生後の3月15日、第一原発にいた約650人が所長の命令に違反して
第二原発に撤退したなどと報じていました。 

この報道について、実際の調書の内容と異なるのではないかといった指摘が
出ていました。 

11日に政府が公開した調書では「命令に違反して」という発言はなく、吉田氏自身が
命令違反とは認識していない様子がうかがえます。 

番組の取材に対し、朝日新聞は11日午後、
「吉田調書報道については誤った部分があり、訂正する考えです」
などとするコメントを書面で回答しました。
 
また、「詳細については追って説明したいと考えております」としています。





http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000034410.html





朝日新聞、週刊文春広告で黒塗りの次は「犯人」を「主役」に文字変更・・・“言葉狩り”

1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 18:25:12.73 ID:???.net
慰安婦問題の大誤報を認めた朝日新聞の迷走が続いている。
これまで、同紙を批判する週刊誌広告の掲載を拒否したり、一部黒塗りにして
批判が殺到していたが、10日付朝刊では、「週刊文春」の広告内の文字が5カ所、
他紙掲載とは違っていたのだ。一体、何が変更されたのか。

週刊文春9月18日号は、追及キャンペーン第4弾として「朝日新聞が死んだ日」と
いう大特集を掲載した。 

同紙の慰安婦大誤報をはじめ、福島第1原発の吉田昌郎所長調書報道、
一連の中国報道などを批判したもので、その広告が10日の主要紙に掲載された。

ところが、朝日に掲載された広告だけ、他紙とは違っていた。

変更点は別表の通り。

例えば、「慰安婦報道を謝罪すべきだ」と正論を書いたジャーナリストの池上彰氏の
コラム掲載を一時拒否した人物について、他紙の広告は「犯人」だが、朝日では
「主役」となっていた。

記者会見を拒否し続けている朝日の木村伊量(ただかず)社長に関しても、
他紙の広告では「ニューヨーク“高飛び”」となっているが、朝日では「NY逃亡計画」と
違っていた。 

掲載拒否や一部黒塗りに比べればマシだが、新広告が、一紙だけ違うのは
理解困難だ。

週刊文春を発行する文芸春秋は10日、夕刊フジの取材に対し、
「広告に関しては、取引先への守秘義務があるので、コメントを差し控える」
とした。

朝日新聞社広報部は
「お尋ねの件に限らず、個々の広告の掲載経緯などについては、取引内容に
関わりますので公表していません」
と回答した。

慰安婦問題を徹底追及してきた拓殖大学の藤岡信勝客員教授は
「朝日の底の浅さ、姑息(こそく)さを表すような話だ」
といい、続けた。

「朝日は慰安婦問題で、最も重要だった吉田清治氏の証言を虚偽として
取り消したが、『核心は変わらず』と開き直っている。嘘に嘘を積み重ねて、
日本の名誉を傷付けたことへの謝罪もない。朝日の権威は地に落ちた。
広告の文字変更はダメージを防ごうとしたものだろうが、他紙と比べれば
誰にでも分かる。朝日は異常な轍(わだち)に入り込んだ」 


no title









【朝日新聞/慰安婦誤報】 安倍首相「(誤報で)多くの人が悲しみ、苦しみ、国際社会において日本の名誉が傷つけられている」

1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 07:01:06.64 ID:???.net
 ──朝日新聞の慰安婦問題の大誤報はどう考えるか

 「朝日の誤報は、夕刊フジや産経新聞をはじめ、読売新聞なども検証記事を
書いている。これは極めて大切なことだ。誤報が、どのような結果を招いているか、
きちんと分析する必要があると思う。日韓関係に大きな影響を与えたのは
事実だと思う。

かつては、すべての教科書に強制連行の記述はおかしい』と問題提起した。当時、
朝日からずいぶん批判されたが、現在、その批判は間違っていたことが明確になった。
中川さんは、歴史教育のために先頭に立って戦った国会議員だった。こういう問題は、
議員としてはリスクが高いが、中川さんは常にこういう仕事を引き受けてくれた。
結果、教科書の記述は大いに改善された。まさに歴史観や国家観で一切妥協しない人だった」

 ──安倍首相も慰安婦問題に取り組んできた
 「第1次安倍内閣で2007年、『政府発見の資料の中に強制連行を示すような
記述はない』との答弁書を閣議決定している。ともかく、報道機関は、信頼、信用、
正確さ、事実に即しているかが常に問われると思う。(誤報で)多くの人が悲しみ、
苦しみ、国際社会において日本の名誉が傷つけられている。そうした結果を招いた
ことへの自覚と責任のもとに、常に検証を行うことが大切だ」




http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140905/plt-n4.htm





池上彰さん、4日朝刊にコラム掲載へ…朝日新聞が方針転換

1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 20:15:10.25 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
朝日新聞がジャーナリストの池上彰さんの連載コラム
「新聞ななめ読み」の掲載を断り、池上さんが連載打ち切りを
申し入れた問題で、朝日新聞が一転して4日朝刊に
コラムを掲載することが分かった。 

池上さんは取材に対し
「朝日側から、『おことわり』と私のコメントを付けて掲載すると連絡があり、
今回は受け入れた」
と話した。

次回以降の執筆については「全くの白紙」としている。




http://mainichi.jp/select/news/20140904k0000m040074000c.html





おすすめ記事

おすすめ記事 2
PR
他サイトおススメ記事
おーぷん2ちゃんねる
他サイト注目記事
他サイト注目記事 2
スポンサードリンク
他サイトおススメ記事 2
アクセスランキング
スポンサードリンク
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。